蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす。茅野市、諏訪市、北杜市に移住や別荘をお考えの方、高地・寒冷地のお庭は蓼科のフォレストメンテナンスまで

蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす

蓼科八ヶ岳サロン
Tateshina & Yatsugatake salon

vol,1 子育て移住を決めました

五年前にご家族で蓼科へと移住したN様。こだわりのお庭と「田舎暮らし」という新生活でのお話をお伺いしました。

2020/08/05

「子育てを考えたとき、豊かな自然とに魅力を感じました」

蓼科への移住を考えさせた「子育て環境」

千葉 どのような転機で蓼科への引っ越しを考えましたか?
奥様 長男を出産して、初めての子育てをしながら二人目を考えていたとき、移住という可能性を考え始めました。元々主人は自然が好きで、自然の中で暮らしたいという希望はあったみたいです。
ご主人 千葉の船橋出身なのですが、海が近い分湿気が多くて。涼しくて乾燥した土地に住みたかったんです。栃木の方と迷って、結局蓼科を選びました。

千葉 それはなぜ?
ご主人 人と自然との距離が近いところですかね。生活感が気に入りました。あと、新宿や東京に出やすいのも大きな利点です。駅までは少し遠いですが、あずさに乗ってしまえば乗り換えもないので。高速でも行きやすいし。
奥様 埼玉や千葉の郊外での生活も考えましたが、子供たちが目一杯遊べて、ゆっくり生活できる環境を考えたら、移住も一つの手ではないかと。

千葉 男の子が2人。とっても元気ですね。
奥様 二人ともサッカーが好きなので、庭でボールを蹴ることができる環境に越してきてよかったと思いました。東京で住んでいたアパートに庭はなかったですし、子供がボール遊びできる公園も限られてしまいますから。蓼科の大きなお庭で毎日元気に遊んで、よく寝てくれます。
ご主人 車移動の生活は不便なこともあるけれど、子供と一緒だと圧倒的に楽ですね。ベビーカーで電車に乗ったり、大荷物で赤ちゃんと一緒に買い物をしてるお母さんを見る度、大変だなと思ってましたし、実際自分も体験して、移住を強く意識するようになったというのはあります。

変わる働き方への意識と移住の不安

千葉 お仕事面での不安はありませんでしたか?
ご主人 あまりなかったですね。東京にいたころから勤めていた会社で、リモートワークという形で勤務させてもらえることになったので。通勤時間は家のことに充てて、家族との時間を多くとれるようになりました。
奥様 私も栄養士として手に職があったので、比較的楽観的でしたね。物価も土地も東京より安いですし、そんなに贅沢をしなければ十分に暮らしていけます。

千葉 蓼科での生活はいかがですか?
ご主人 毎日満喫していますよ。八ヶ岳から昇る朝日を眺めたり、降り始めの雨の臭いを感じるられるって本当にすごいことです。都会より自然が多いというのはもちろんですけれど、生活スタイルにゆとりが出たというのが一番の変化ですかね。
奥様 初めて蓼科に来たときも空気のいい匂いに感動しました。今はそんな機会も少なくなっていますけれど、体が空気に慣れたというか。湿気も少ないからすっきりした感じがするし、洗濯物がカラカラに乾くんですよ!本当にびっくりしました。
ご主人 飲み水は東京でもサーバーや浄水器をつければどうにかなる。空気は外に出る限り浄化し続けるのは無理ですから。そこはこの土地の最大のメリットだと思います。

奥様 家庭菜園が欲しくて、千葉さんにお願いして薪置き場と畑を作ってもらいました。今はミニトマトやナス、キュウリを育てています。今年は雨が降り続いたかと思ったら晴れ通しで、野菜にはよくないとご近所の農家さんに教えてもらいました。地域の方とのちょっとした交流があるのもいいですよね。
ご主人 そう。たまに聞く移住民へのいやがらせみたいなのもなく、普通に接してくれます。「なんでこんな田舎に?」とは言われますけど笑。「蓼科は良いところですよ」と言うと皆さん笑ってくれます。

家族の生活に合わせてリノベーションし、“生活空間”として使う

千葉 お庭の改築にも何回か入らせてもらって、私たちも息子さんたちの成長が楽しみになってます。
奥様 そうですよね。千葉さんにご提案いただいて、寒冷地用の庭木をそろえてもらったり、野菜やハーブを育てながらガーデンセラピーを取り入れたお庭を目指しています。とはいえ、最近はサッカーにスペースを奪われていますけれど。
千葉 すっかりお子さんたちのサッカー場ですね。

奥様 茅野に移住してきたころに目指してたお庭とは少し変わってしまいましたけれど、逆にお庭で過ごす時間は増えたかもしれません。
ご主人 私も子供たちが休みの日は専ら庭でコーチ役をしています。緑がいっぱいありながら、デッキから直接庭に出られたり、部屋の延長線上のように過ごしやすいお庭にしていただきました。毎日のように使い倒せる“生活に密着した庭”ができるのは、広い土地が手に入る蓼科のいいところであり、フォレストメンテナンスさんのおかげだなと思います。
千葉 ガーデンセラピーには緑を多くしようという手段もありますけれど、何よりも大切なのは五感を使って自然を感じることなんです。なので長い時間を過ごしていただけるお庭になっているようで安心しました。

奥様 また子供たちが大きくなって、夫婦だけの生活になったら違うお庭にリノベーションするのもいいですよね。
ご主人 実はピザ窯を作るのが密かな夢なんです 笑
千葉 最近はお庭で気軽にできるBBQセットや、ピザ窯も設置させていただくお客様が増えています。
ご主人 遠くに出かけるのも難しい最近だと、庭でできるアウトドアって大切ですよね。

寒冷な蓼科という土地

ご主人 外の寒さは東京とは比べ物になりません。でも家の中は意外と暖かいよね。
奥様 そこが意外でした。寒冷地用住宅は隙間風もなくて、暖房設備も整ってるので家の中だけならむしろ普通より効率的に暖かくできているかも。

千葉 お庭に張らせていただいた芝もそうですけど、蓼科や八ヶ岳は高冷地なので花や植栽から地面の下処理までまで他の土地とは違った工夫が必要になってきます。
奥様 やっぱり地元の業者さんだとそういう細かいところも安心して任せられますよね。
千葉 諏訪郡の蓼科や八ヶ岳、白樺、車山、小淵沢の別荘地は諏訪の中でも特殊なので、お庭は地元の業者をご指名いただきたいです。伐採や整地が必要になることも多いですし、すべてが終わったお庭の修理というのは難しいので、基礎の基礎から弊社にお任せいただけると寒冷地に耐えられるお庭づくりができるかと思います。

奥様 最初の3Dでご提案いただいたお庭も理想の田舎生活という感じでおしゃれでしたし、生活が変わる中でも沢山ご相談に乗っていただけてよかったです。
ご主人 長い期間お世話になていて、木の剪定やメンテナンスも含め庭のことはフォレストメンテナンスさんにすべてお任せです。
千葉 ありがとうございます。お客様のご要望を聞いて、寒冷な蓼科に合わせて具体的なご提案をするのが私たちの仕事です。植物は成長しながらお庭を作っていきます。お庭のメンテナンスも含め、長い目でお付き合いいただけるとより理想に近いお庭ができるかと思います。

蓼科で手に入れた、理想の移住ライフ。ご家族の生活に合わせ、理想お庭に成長していくお庭です。

お問合せ