蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす。茅野市、諏訪市、北杜市に移住や別荘をお考えの方、高地・寒冷地のお庭は蓼科のフォレストメンテナンスまで

蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす

八ヶ岳の麓で暮らすという選択

森の中で暮らしませんか

自然の中で暮らす夢を追って
この高原にたどり着きました。

北に蓼科山、東に八ヶ岳を望む長野県茅野市、蓼科高原。

標高1000mを越すこの地は日本で最も高い場所にある避暑リゾート地であり、本州随一のカラッとした空気が夏の不快感を和らげてくれる。
また冬はこの乾燥した空気のおかげで雪も少なく、キンと突き抜けるような冷たく濃い青空が印象的だ。
とはいえ寒さは厳しく、最初の冬は圧倒的な自然の力に畏敬の念を抱くことになるだろう。

観光、農業、産業が折り重なり、多様性をはぐくむこの諏訪地域は今、都心からの移住者が増加している。
テレワークやリモートでの就業形態が多くの職種で認められはじめ、人々は「本当の快適さ」を求めてこの地にやってくるのである。

木を感じて、山を感じて。
人間の生を全うするということ。

自然の中で、人間の力というものはどの程度のものなのか。
この蓼科という大自然の中で生活している私たちは植物の勢いを、風の理不尽さを、雨の容赦のない冷たさをよく知っています。
それでも自然とともに生活するうえで、私たちは自然の特性を知り、根気よく向き合うことでお互いが共存できるスケールを学んできました。

それを人々が常に触れている「庭」という空間に落とし込み、共生をデザインしたのが私たちがご提案する
3つのガーデンデザイン」です。

ガーデンセラピーという
豊かな健康生活

ガーデンセラピーとは住まいに植物を取り入れ、日常的に植物と触れ合う「ナチュラルガーデン」を作ることで健康な暮らしと健康寿命の増進を実現する療法です。
お庭の自然と触れ合うことで五感を刺激し脳を活性化することが期待されており、医療現場でも病院の中に自然を取り入れている機関が増え、ドイツでは森林療法が保険適応として国に認められています。

毎日森に行くことはできなくても庭の緑を眺め、匂いや感触を楽しみ、四季の移ろいを感じることで、自律神経が落ち着きストレスが軽減されます。
都会で日々忙しく生活し、小さな部屋で眠る生活は便利です。
しかし、もしあなたが癒しを感じられる場所がない、もっと広い住環境で子供たちは走り回り、きれいな空気を目一杯吸ってのびのびとした人生を送りたいと考えているのなら、蓼科での生活も悪くないかもしれません。

ガーデンセラピー一級を持つコーディネーターが、リラックスタイムを過ごせるお庭をご提案いたします。

お問合せ